ユクサおおすみ海の学校

菅原に残したいもの Memories of Sugahara

インタビュー | 

菅原で育ち、大切なものを守り続けるお二人。
They grow up in Sugahara, and save the school.

菅原小学校を卒業し、今も菅原で暮らしている前田さんと荒平さん。

前田實(まえだみのる)さんは、菅原小学校51期生。昭和23年に卒業しました。(写真左)

荒平安弘(あらひらやすひろ)さんは、菅原小学校79期生。昭和51年に卒業しました。(写真右)現在は焼酎用の芋や深ネギなどを専門に、農業をされています。

今回はそんなお二人に、小学校での思い出や菅原のことを伺いました。

Mr. Maeda and Mr. Arahira, the resident of Sugahara, graduated Sugahara Elementary School.
Mr. Minoru Maeda is 51st generation student of Sugahara Elementary School and graduated in 1948.
Mr. Yasuhiro Arahira is 79th generation student of Sugahara Elementary School and graduated in 1976. He is a farmer and cultivating white leek and potatoes for Syochu.

We interviewed them about the memory of the school and this Sugahara area.

 

「菅原小学校の思い出を教えてください」
“Please tell us the memory of Sugahara Elementary School”

“平成25年3月、創立120年で幕を下ろした菅原小学校。菅原小学校は、昭和51年に現在の場所へと校舎を移しました。それまでは、山の頂上を切り開いた、高い場所にありました。今でも、菅原小学校へと続いていた階段と小学校の正門は残っています。

The Sugahara Elementary School ended its history with 120 years in March 2013. The school moved to this place in 1976. Before that, the school was on the top of the mountain. The stairs and gate are still there.

以前の菅原小学校は校庭も狭く、なんと運動会が浜辺で開催されていた時期もあったそうです。今の菅原小学校の下にある浜辺は昔、野球ができるほどの広さがあり、運動会をするには十分の広さだったそう。

荒平さんは小学校時代のことをこう語ります。「自分たちのころは、プールも体育館もなかった。だから水泳の学習は、学校から下へ降りて海で泳いでいたよ。あと3学期の遠足では、学校から歩いて霧島が丘公園まで行っていたよね。結構距離はあるけど、よく歩いたなって思う」。菅原小学校から霧島が丘公園までは、約9㎞の道のり。大人でも2時間近くかかります。1年生も6年生も同じ道のりを歩いて行きました。帰りは、当時まだ走っていた鉄道に乗って帰ってきたそうです。

The ground of the former Sugahara Elementary School was so small that the sports day was held at the beach. The beach below the Sugahara Elementary School was once large enough to play baseball.

Mr. Arahira told us about his school day. “As we were student, there were neither swimming pool nor gymnasium. So we had the class of swimming at the sea. We went to the Kirishimagaoka Park by walk on the day of school excursion. I wonder how we could get there. It is quite far.” It is almost 9 km from Sugahara Elementary School to Kirishimagaoka Park. It will take almost 2 hours for adults. All the students from first grade to sixth grade walked the same route. They came back with a train.

昔鉄道が走っていた線路は今、サイクリングロードとして整備されています。このサイクリングロード。実は菅原小学校が今の場所に移った後、鉄道が廃止されたときに、子どもたちが安全に学校へ通えるようにと、前田さんが働きかけて整備してもらったそうです。国道沿いの歩道を歩くのは危ないだろうからと。前田さんは、菅原小学校が現在の場所に移転するときに、地主さんと交渉をしたり、プールの水源を確保したりと、たくさん尽力された方。前田さんの存在なしでは、菅原小学校は語れない。お話を聞きながら、そんなことを実感しました。また前田さんは、地元に昔から伝わる「鎌ん手踊り」を復活させました。

The line of the train changed into a cycling road now. Actually, this cycling road was used as a school route first when the school moved to this place. Mr. Maeda endeavored to do this. He thought that it is very dangerous for school children to walk along a national route. In addition to this, he negotiated with landowner and secured water for the swimming pool when the school changed to this place. We cannot tell about Sugahara Elementary School without Mr. Maeda. He restored a traditional dance “Kamante Odori” too.

前田さんが復活させた「鎌ん手踊り」。これはもともと六月灯の時に、荒平天神に奉納するために伝わっていた踊りです。一度途切れてしまっていましたが、「もう一度復活させてほしい」との要望があり、前田さんが青年団長をしていた時に、教わりながら練習を重ね、復活させたそうです。鎌ん手踊りは、二人一組となり、鎌とナタをそれぞれ一人ずつ持って、歌に合わせて踊ります。先日行われた菅原地区の運動会でも披露されました。

This “Kamante Odori” was used to dedicate to the god of the Arahira Tenjin shrine at Rokugatudou, a traditional festival of Kagoshima. The tradition was once broke off, but Mr. Maeda learned and practiced the dance and restored the traditional dance when he was a leader of youth union. The “Kamante Odori” is a dance of a group of two people and each people holds a sickle and a hatchet. The dance was shown at a sports day of Sugahara community.

 

「これから菅原小学校が生まれ変わります。」
“Sugahara Elementary School will change.”

それぞれの思い出がたくさん詰まった菅原小学校。来年の春、「YUKUSAおおすみ海の学校」として生まれ変わります。これから新しくなるこの場所に、期待することを聞いてみました。「地元の野菜を販売したり、地元の野菜を使って料理を提供してほしい」。そんな想いを話してくださいました。菅原地区では、芋やきぬさや、深ネギ、キャベツなどの野菜が作られています。「今作っている野菜を使ってほしいという願いもあるし、必要な野菜があれば、その希望に応えたい。ここに住むみんなにとって、それが楽しみでもあり、生きがいにもなる」。

Many memories of each remains in this Sugahara Elementary School. The school will change into “YUKUSA OHSUMI UMI no GAKKO” next spring. We asked them what they expect for this new facility. “We want to sell our vegetables and serve our vegetables at a restaurant.” Potatoes, snow peas, white leeks and cabbages are cultivated in this Sugahara area. “Not only those existing vegetables but we want to cultivate vegetables according to the request from YUKUSA. That would be a reason for living for everyone.”

YUKUSAおおすみ海の学校が、地元の方とここを訪れる人がつながる場所であってほしい。そんな想いを込めてこれからプロジェクトを進めていこうと、改めて決意しました。

We hope for YUKUSA to connect local people and travelers. We will keep in mind during this project.

「ここで一番好きな景色を教えてください」
“Please tell us the best view from here”

インタビューの最後に、こんな質問をしてみました。「やっぱり夕方にサイクリングロードから眺める、荒平天神に沈む夕日。夏はビールを飲みながら眺めたら、もう最高だね」。そう教えてくださいました。特に今の時期は、満潮の時に、荒平天神の鳥居と双子島の間に沈む夕日が一番きれいだそう。さらにこの時期は満潮になると、海の中に鳥居が浮かびます。

「荒平天神の砂浜にある貝殻がとてもきれい。梅の花びらに似た貝殻を時々見つける。薄くてピンク色をした貝殻。なんだかここにあるのが不思議な気がして。ほんとにきれい」。海に浮かぶ荒平天神の鳥居も、梅の花びらに似た貝殻も、私はまだ見たことがないから、いつかまた、ここへゆっくりと見に来ようと思いました。

We asked them this question at the end of the interview. “Sure enough, a sun setting into Arahira Tenjin from cycling road. If you have a beer, that would be the best.” Especially, the sun setting between Futago-jima and the Torii of Arahira Tenjin at the time of high tide is most beautiful. Torii will float on the sea at high tide of this season.

“Shells of the beach of Arahira Tenjin is very beautiful. We sometimes find light pink shells look like a petal of plum blossom. I think it is inevitable that this shell to be here.” (Tenjin shrine has relation to plum blossom.) I never saw floating Torii nor petal like shells, so I want to come again to find them.